外出先でのオンラインミーティングには、YAMAHA PJP-10URがオススメ!マイクもスピーカーも高性能!

外出先でのオンラインミーティングには、YAMAHA PJP-10URがオススメ!マイクもスピーカーも高性能!

いいものいろいろ | | 2019/02/09更新 | 2nose

昨年、MTコミュニティの賢人に教えていただいたのがかなり良かったので、その使用感をレポートします。長年の課題だった「オンラインミーティングで感じる距離感」をほぼ完璧にクリアしました。

オンラインミーティングでは、いかに会話がロスなく達成できるかがすべて

オンラインミーティングあるあるとして、こんなものがあります。

  1. 話し始めたら、オンラインの同席者も話しだした
  2. オンラインの同席者に質問しても、タイムラグで回答がツーテンポ以上遅れる
  3. 「よく聞こえなかったのでもう一度お願いします」がよくある
  4. それが面倒で、ちゃんと会議に参加しなくなる

下に行くほど末期的な状態です。オンラインミーティングの開催の可否すら問われることでしょう。

YAMAHA PJP-10URでクリアした課題

IMG_9050_01.jpg大きさは手頃なサイズ、USB接続します。Bluetoothではタイムラグがあるので有線で。

上記の3と4はクリアできました。1と2は、音声コミュニケーション機器の問題ではないので、別方法でクリアします。

1は、会議の進め方の問題です。アジェンダに沿って進めるなどで、不要な衝突はなくなります。そして、これはそう問題ではありません。

2は、外出先でのオンラインミーティングですので、回線速度が需要です。自分は格安SIMのLINEモバイルのソフトバンク回線を利用しています。お昼の時間帯などでは、回線が集まってそうなところであれば、下りで1Mbps以上はでています。1Mbps以下だと、オンラインミーティングは快適ではありません。

あと、映像はOFFにしてます。

すでに生産完了品なので、みつけたら買うことをオススメ

HPにもある通り、実はすでに生産完了品なのです。

一応、後継機種っぽいのもでていますが、以下の点が異なるので疑問です。

マイク:無指向性マイク×1

有線接続ができるので良さそうなのですが、マイクが無指向性にかわりました。いわゆる平べったいタイプの筐体に変わっています。他社製品で無指向性のものを利用しましたが、あまりいい経験がありません。なので、ここは気になります。

ただ、YAMAHAの同じような価格帯(30,000円くらい)だと、このYVC-200になるので、価格帯的には後継機種になります。誰か買ったらレビューしてください。

YVC-200にもメリットは多いので、気にはなっています。バッテリー搭載なのであらゆる場所に持っていけるとか、平べったいので持ち運びに便利とか。

日記とか雑記とかメモとか

オンラインコミュニケーションは、電話のように音声だけでも問題ないです。光回線に接続されていることが前提であれば、映像付きのTV会議ができます。しかし、Wifiルータやスマホのテザリングで行うには、映像はやはり重いのです...。会話だけにして、しかも同じ空間にいるくらいの感覚が得られるPJP-10URは、神デバイスだと思います。今だと中古や新古品しかないので、状態が良いものがあれば手に入れましょう。YVC-200もきっといいデバイスだと思います。手に入らない場合は、こちらを購入するのが良さそうです。

SHARE:

前後の記事

同じカテゴリの記事

このサイトは、エックスサーバー で運営しています。

About

Web系のWebデザイナー/ディレクター/PL/PM が気付いたことを取りとめもなくつづるブログです。ECとMovable Typeが中心です。MT東京でコミュニティやってます。MTDDC Meetup TOKYO 2016実行委員長。

管理人: 2nose
URL: https://2nose.com/
Blog: https://2nose.com/blog/
E-mail: info@2nose.com

スポーツ情報まとめサイト: sports55.net

Social Links

Other Links

MT東京
MTDDC Meetup TOKYO 2016

Our Bunker

ITABASHI-KU TOKYO
JAPAN.

© 2nose.com All Right Reserved.