平泳ぎのキック(小学生向け)

とにかく進まない平泳ぎですが、原因はキックにあるようです。

いわゆるあおり足になっていると進まないのですが、いったいどういうキックがお手本なのかが問題です。

ということで、まとめてみました。手の動きは入れていないので、あくまでキックだけです。

  1. 抵抗をあまり受けないようにしてかかとをお尻に持ってくる
  2. 十分ひきつけたら、足首を外側に向ける
  3. 後ろから見たときに各足が円を描くように、外側に向けてキックし最後は伸びて足の裏をくっつけるようにする
  4. 足首のスナップは最後。途中では絶対に伸ばしてはいけない
  5. 足首のスナップの時は、足を上に持ってくるように心がける。これは下半身が沈んでしまうのを防ぐため。

平泳ぎに限ったことではないですが、水の抵抗は受けないようにしないと減速してしまうので、足を引き付けるときは要注意です。

また、足首も最後の最後まで伸ばしません。これを伸ばしてしまうと、キックの時に足の裏がうまく水をとらえることができません。これ重要。