平泳ぎの手とキックのタイミング

平泳ぎの手とキックのタイミング

水泳 | | 2012/11/29更新 | 能勢 弘光

どうもうまく推進力を得られない。進まない。

本を読み、いろいろ考えたり調べたりしているけど、平泳ぎには陥りやすいポイントがいくつかあるようで、今回はその中の一つ。

「かいだら蹴る」

これが平泳ぎのポイントです。一生懸命泳ごうとすると、とにかくかく回数・蹴る回数を増やそうとする傾向にあるのですが、これはどうやら間違い。

ポイントは以下の通り。

  1. キックの推進力を最大限に生かす
  2. そのためには、キックするときにはストリームラインの形になっている必要がある
  3. かく動作はキック中に行うと抵抗になるので行わない

かく→リカバリ→かかとを引き寄せる→ける

という順番がいいようです。高校生のスイマーとかよく見ていると、やっぱりその通りでした。。

かいだら蹴る→伸びる

この繰り返しが重要なんですね。

関連情報

SHARE:

前後の記事

同じカテゴリの記事

このサイトは、エックスサーバー で運営しています。

About

Web系のWebデザイナー/ディレクター/PL/PM が気付いたことを取りとめもなくつづるブログです。ECとMovable Typeが中心です。MT東京でコミュニティやってます。MTDDC Meetup TOKYO 2016実行委員長。

管理人: 能勢 弘光
URL: https://2nose.com/
Blog: https://2nose.com/blog/
E-mail: info@2nose.com

スポーツ情報まとめサイト: sports55.net

Social Links

Other Links

MT東京
MTDDC Meetup TOKYO 2016

Our Bunker

ITABASHI-KU TOKYO
JAPAN.

© 2nose.com All Right Reserved.