使っているアプリケーションの時間を可視化してくれるManic Time。Windows用の無料ソフトウェアです。

自分がどの作業にどのくらいの時間を使っているかを把握することで、業務の組み立て方や効率化ができる事があります。

そういえば、以前お世話になっていた会社の方に教えていただいたことを思い出したので、その内容です。

Windows限定ですが、Manic Timeというアプリケーションがあります。これはPCで使用しているアプリケーションの使用時間が記録されるソフトウェアです。ライフハッカーさんの記事を見ていただくのが良いと思いますが、

  1. 何に時間が使っているか
  2. 何にリソースを使っているか

が自動的に記録されるのは、とても利便性が高いことです。これを人力でやろうとすると、ストップウォッチで時間を測ったり、作業開始時間+作業終了時間をメモる感じになるのでしょうか。もちろん、現地作業とか、シビアな作業の場合は作業ログをとりますが、常日頃は作業ログのみ記載し、作業開始終了時間はメモっていません。みんなメモってる??

プロジェクト管理の中で管理しなければならない「時間」ですが、これは作業時間だけを管理してもあまり効果は見込めなくて、やはり「人、予算、時間、質」を合わせて考えないとうまくいかないんでしょう。これらは単体で存在しているわけではなく、全てが絡み合っているわけで、それらをマネジメントすることは割りと好きだし、得意な分野でもあります。といいつつ、プレーイングマネジャーから抜け出せる状況でもないから、結果的にそこにいるのかもしれません。

最近はMacを使っている方も非常に多いので、このソフトウェアは使えません。ちょっと怖いけれど、Macの方はクラウド型で同じようなサービスを探して使ってみると、作業時間の履歴が自動でメモられる便利さがわかるかも。

なお、全社的に導入とかするならSKYSEA Client Viewとかを導入するんでしょうね。

SKYSEA Client Viewは、Sky株式会社さんが開発しているようですし、導入もお願いできるみたいです。

参考URL

日々の時間の使い方を淡々と記録するソフト『ManicTime』 | ライフハッカー[日本版]
https://www.lifehacker.jp/2009/02/manictime.html

Manic Time
https://www.manictime.com/
ダウンロード(3.1.22.0)